FC2ブログ

06

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バースト後です。
 実際、リンドウさんは飄々とした態度をとってるけど、本当に平気な訳は無いと思うんですよね。なので苦悩のリンドウさんの話を書きたいな、と。
 リンドウさんとソーマは、立場が一緒になったと思うのですよ。同一ではないけど同じように異端と言うべきか。
 捏造妄想180%ですみません。しょせん脳が腐っているので。



 夜中にふと目が覚めると、確かな温もりが傍らにあった。
 己の鼻先にある銀の髪。
 アナグラの中は、明かりを落せば完全な闇だ。完全防御の為に窓など当然なく、本来それぞれの部屋にある非常灯の類は、ソーマが厭って壊してしまった。ゆえにソーマの部屋は、電気を消せば真の闇となる。
 だが、リンドウの目には腕の中のソーマがはっきりと見えた。
 元々夜目は利く方だったが、一度アラガミ化してからは完全に夜も見えるようになった。聴力も上がり、闇夜の任務も滞りなく遂行出来るだろう。
 不思議な感覚だった。違和感と、見えすぎ聞こえすぎる事への疎ましさ。
 おそらくこれが、ソーマの体感してきた世界だ。
 そう思えば、多少感慨深い所でもある。

 そっとソーマの頬に手を滑らせる。
 人ではなくなりアナグラに戻ってから、リンドウはソーマにだけ内心の苦悩をこぼし縋った事があった。あの時は本当に色々内面で重なり、だいぶテンパって居たのだ。思い出しただけで赤面しそうな程みっともなく喚き、縋りついた。
 『リンドウさんなら大丈夫』と言われれば苦しかった。『流石リンドウさん』と褒められれば落ち込んだ。
 自分はそんなに強くは無い。それをわかっていて気を張るのは辛かった。人でなくなってからは、特に。
 昔、自分がまだ人間の枠に辛うじて入っていた頃に良くソーマに言った「お前は人間だ」と言う言葉を、いざ自分が受け取ってみれば酷くキツイ言葉だとわかった。
 あの頃その言葉を向ける度、ソーマが複雑な顔をして否定し続けた気持ちが今ならわかる。

 何もかも投げ出したいと、いっそアナグラからも逃げ出したいと呻いたリンドウに、ソーマは突き放すように「勝手にすればいい」と言った。
「それでお前が楽になるなら好きにしろ」
「たとえアナグラに居ても居なくても」
「リーダーや伝説の男ではなくても」
「お前は、お前だろう?」
「お前はただの『雨宮リンドウ』であればいい」
 気負いもなく、同情もなく、ただ本心を言っただけだとわかる普段の表情で。

 だからこそその言葉に、リンドウは救われた。

 自分自身を疎い投げやりに生きていた、あの頃のこの子にもそう言えば良かったのだろうか。「お前は人間だよ」と言うのではなく、彼に入っているアラガミごと認めれば。
 今更、ではあるのだけれど。
 腕の中のソーマは、穏やかな表情で眠っている。リンドウが優しさのつもりで向けた言葉に傷つけられた事も、彼に自分を見捨てる為の退路を開かせた事も、みっともなく縋って助けを求めた事も、ソーマは全てを許し受け入れてくれた。
「お前は…俺に甘すぎ」
 リンドウの自嘲を帯びた声が聞こえた訳ではないだろうに、ソーマの手が頬を撫でていたリンドウの手を掴む。
 眠ったままその手に頬を擦り付けられ、リンドウは泣きそうな笑みを浮かべた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment From














プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。