FC2ブログ

08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 30題と同じく昔に借りていたお題、5つのキスのお題(http://www.geocities.jp/gensou_yuugi/kiss5.html )です。
 またお題かよ!と言う突っ込み可。何だかお題による縛りプレイが癖になったもよう。
 今回は「唇以外のキス」。短い雑文ばかりです。しかも今回糖度が以上に高いです。胸焼け注意。
唇以外のキス


----------------------------
1.子供扱いしないで

 告白なんぞをされてうなずいたら、今度は顔を固定され相手の顔が近付いてきた。
 とっさに目を閉じれば、額に押し付けられた柔らかなモノ。
 流石にこれが、想いを告げ合った者同士の行為じゃない事ぐらい知っている。
 「子ども扱いするな」と言いかけて、だが目を開いて相手の顔を見たらそんな気も失せた。
 困ったような、だがひどく優しい笑み。
 この男から見たら自分など、まだまだ子供なのだと思い知らされた。


----------------------------
2.泣かないで

 大事な子を腕に眠る至福の時。それを遮ったのは冷たい感触だ。
 見下ろせば腕の中で、眠りながら泣く大事な恋人。
「どうした?」
 優しく声をかければ、褐色の腕が必死にしがみ付いてくる。
「ソーマ?」
「リンド…」
 消え入りそうな声。震える肩。
 彼の声に、どんな夢を見ているのかが窺い知れた。

 夢、いや…過去。

「どこにも、行かない」
 だから、そっと耳に囁き、
「そばに居るよ、ソーマ」
 その涙に口付けを落す。
 もう二度と、消えたりはしないから。


----------------------------
3.クリームついてるぞ

「クリームついてるぞ」
 そんな言葉と共に、頬をぺろりと舐められた。
「っ!」
 驚いて横を見れば、案の定リンドウは口を押さえて呻いている。
「馬鹿か、お前」
 今ソーマが食べているのは、特務報酬でリンドウがもらった甘いクリームたっぷりの菓子だ。
 甘党のソーマの為にそれを用意したこの男は、だがソーマとは真逆で甘い物が大の苦手である。
 その二つの事態を合わせて考えれば、ソーマの頬についたクリームを舐めるなど自殺行為もいい所だ。
「甘い物、嫌いなくせに」
「嫌いだけどさ…お前の頬についてるのは、美味そうに見えるんだよな」
 呆れきったソーマの目の前で、緑の目が悪戯っぽく細まって
「口直し」
 等と言いながら、さらに甘い筈の唇へ喰らいついて来た。


----------------------------
4.お手をお姫さま

 その手にキスを落すと、リンドウは嫌そうな顔をした。
「そんなのにキスするな。俺にしろ」
「この手だって、お前の一部だろ」
 一番アラガミを、強く残すその場所。
「それでも、ハンニバルにキスされてるみたいで何だか複雑なんだよ」
 子供のような嫉妬を露にした男は、子供ではありえない腕の強さで抱きしめてくると唇を寄せてくる。
「だから、ちゃんと俺にしろよ」
 耳元での囁きに何だかひどく恥ずかしくなって、思わずその唇へ噛み付いた。


----------------------------
5.綺麗だよ

 壁に手をつけ、後ろから圧し掛かられて。押し込められた熱い物を、体は喜んで受け入れた。
 何度もこの男に抱かれて、今ではこの身は自分の意思より彼の意見を聞き入れる。
 それを悔しいとさえ思えない位に、心も彼に慣れさせられた。
「……だ」
 後ろで彼が何かを囁く。快楽に狂わされた脳にそれは届かず、ただ首を振っていれば首の後ろに軽く噛み付かれた。
「ひゃ、ぁぁっ!」
 思わず漏れた嬌声に、彼が笑う気配。
「ホント、お前は…どこもかしこも……」
 そのまま激しく突き上げられ、何も考えられなくなる。
 ただ顔の隣に置かれた棘ばった黒い手に己の手を重ね、縋る事しか出来なかった。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment From














プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。