FC2ブログ

08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧サイトから。
うちの景譲はへたれ×男前が基本です。





 ぐったりとベットに突っ伏した譲の脇で、景時がオロオロとしている。
「ごめんねぇ譲くん。大丈夫?」
 心配そうに覗き込んでくる顔を精一杯の強さで睨みあげれば、景時はピッと背筋を伸ばした。
「……ん、で」
「え?」
 声がかすれて上手く言葉が出なくて。言いたい事が伝わらない。それがもどかしい。
「なん、で、あやま、んです、か」
「なんでって…だって今君が苦しんでいるのは、オレが無理させちゃったからでしょ?」
 トホホと俯いてしまう彼に、譲は上手く出ない言葉の変わりに、また視線を強めた。
「……ちが、ます」
「譲くん、無理して喋らない方が」
 留めようとする景時の腕を掴む。
 どう言えば伝わるだろう。どうすればわかってもらえるだろう。
 景時のせいなどではない。
 望んでいたのは、譲も同じだ。景時に触れられて、喜んだのは間違いなく自分なのだ。


 ずっと思っていた先輩は、運命の相手を見つけた。傍にいた自分ではなく、彼女を支え導いた金の髪の鬼を、彼女は選んだ。
 苦しくて哀しくてどうにかなってしまいそうだった自分を、その時抱きしめて支えてくれたのが、景時だった。



 だから、景時に愛されているのだと知った時、本当に嬉しかったのだ。
 こんな風に抱かれて、体に負担がかかっても…それ以上に、暖かな感情が胸に満ちる位には。
 声がかすれて上手く出ないのがもどかしい。
 上手く伝わらないのが、悔しい。
 仕方なく譲は手を伸ばし、景時の腕を掴んで、
「譲くん!?」
 驚き目を見開く彼に、初めて自分から口づけた。



---------------------------------------------------------------------------------
景譲で、凄い勢いで両思い。
つーか譲くん、景時さんにメロメロです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。