FC2ブログ

08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧サイトから。
リズ神子で、18禁です。



その手に触れられただけで、私は何もかもがどうでも良くなる。
その人がここに居る。それだけが全てになる。
「神子…私の、望美」
「先生……」
触れ合う温もりが、全てになる。

彼が自分に触れるとき、急ぐような事はない。乱暴にもてしない。優しく、柔らかく。まるで壊れ物でも扱うように触れる。
それは大切にされている気がして嬉しくもあるが、それ以上に寂しさもあった。
本当に、自分は求められているのだろうか?
彼が自分を抱くのは、自分が望んだから。彼自身の望みでは…ないのではないのか?
肌に触れてくる、剣を扱うがゆえにゴツゴツとした指。胸を探り、性感を見つけてそこに刺激をくれる。
「……っあ、」
思わずもれる声。恥ずかしさに口を噤もうとして手を取られた。
「神子…抑える事はない」
「で、も……ひぅ」
不器用そうなその指は確実にこちらの熱と快楽を高め、溺れさせていく。
指が局部に触れた時、濡れた音を立てて羞恥をかき立てた。
「やぁ……」
「いやか?神子」
ここで頷けば…嫌だと言い張れば、この人はきっと、このまま本当に止めてしまう。だから慌てて、首を振った。
「嫌じゃ、ないです」
嫌なのではない。恥ずかしいのだ。気持ちが良くて、どうにかなりそうで。
触れられるのが嫌なのではなく、意識を飛ばしそうな自分が、嫌。
「嫌では、ないか…」
触れていた指が、体内へ侵入してくる。
ゆったりと動くそれは、優しさなのだろうが…焦らされているようで、正直辛い。
「や、センセ……もう、」
「神子…あまり急ぐな。お前が傷ついてしまう」
余裕のある、言葉。
「ふ、せんせい、は」
ああ、高められた快楽と焦らされた刺激に、きっと頭が白くなっていたから。だから。
その瞬間の失言を、心の中で言い訳をして。
「センセイ、は、私が、欲しくは、ないんですか?」
抱きあいたいと、早く溶け込みたいと、そうは思ってはくれないのか?
言ってしまってから、あまりの自分の言葉に羞恥を覚え、慌てて身を捩ろうとして止められる。
「神子……」
「や……ゴメンなさ…、ヘンな、コト」
「変ではない…神子、私を見なさい」
優しい言葉に潤んだ目を向ければ、いつもの優しい微笑。そしてその目の中に
「私も…いつも思っている…神子が、欲しいと思っている」
揺らめく情愛の熱に気付いて、そっとその首に腕を回した。
「じゃあ……下さい、センセイ……一緒に、溶けたい」

指が抜かれ、押し当てられた、熱。
漏れかけた嬌声は、重なった唇に飲み込まれた。



激しい情交の後、貴方はいつも優しく撫でてくれる。
その大きな手は、私に全てを与えてくれた。
貴方の手が、そう、まるで魔法のように。










やってるだけのリズ神子。
途中暗くなりかけて慌てたのは内緒です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。