FC2ブログ

08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧サイトから。
甘くない。


「止めなさい。私などに手を出せば、貴方を貶める事になりますよ」
その言葉に、レインは眉を寄せて押し倒したニクスの顔を覗き込む。
「この状況で、言うのはそれだけか?」
無理やり、押さえつけた。
そのまま唇を重ね、手をきつく拘束し。跳ね飛ばされても、侮蔑の言葉を投げられても当然の愚行を犯していると、自覚している。
全てを覆い隠し、人を小ばかにした態度がムカついた。何時も取り澄ましたその表情を崩したかった。
何より、本当の彼を…見たかったのだ。

時々見せる、どこか切なげな表情の、意味を知りたい。

それなのに、結局彼は何も変わらない。
男に押し倒されて圧し掛かられて、レインが何をなそうとしているのか、判らないほど初心でもあるまいに。
それとも、慣れているのだろうか。男に、押し倒されて行われる行為に。
この男の性格だ。過去に彼に触れた者に、恋愛感情を持っていたとは考えがたい。この頑ななやわらかい殻は、少々の年数で覆える物とは思えなかった。
ならば、前に彼を抱いた相手は、どんな風に彼に触れたのだろう。
レインに乱された服の合間から、日に触れぬ白い肌が見える。
この白い肌を侵略した男は、何を考えていたのか。自分と同じように苛立ちをぶつけたか、それともただ肉欲のためか。
あるいは、狂おしい恋情だろうか?

ふと胸が痛む。
別に、惚れたはれたで抱こうとした訳じゃないくせに。
彼の態度に苛立って、暴こうと手を伸ばしただけのくせに。


だけど、レインは気付いていた。
知りたいと思わなければ……惹かれて、居なければ、彼の態度にここまで苛立ちはしない。
自分でも吐き気がするような、忌むべき犯罪行為を酷使して、彼を押さえつけたのは…奥底に眠る想いの為だ。

それを、だが認めることは出来ずに、ただレインはそっと、シャツの間からのぞく鎖骨へ口付けを落とした。









初のレイン×ニクス。
偽っているのはどっちか…微妙な所です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。