FC2ブログ

12

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レヴァンタ→柊
校正した筈なのに大きな間違い見落としてた。
直しました。

微妙にネタばれあり。




 その男は、ひどく美しかった。
 長い髪は触れれば柔らかく、白い肌は己と同じ性別とは思えぬほど滑らかで、一つしかない目は涼しげで宝珠のように輝きを発している。
 敗戦国の将であった彼は、捕らえられた訳ではなく自分からレヴァンタの元へと降って来た。
「ずっと貴方の様な盟主に仕えたかったのです」
 甘い言葉を、最初から信じたわけではない。敵国の将だったのだ。ただでさえ人など信用できぬと思っていたレヴァンタにとって、何より警戒すべき人物だった。
 だが、彼は本当にレヴァンタの為ならば何でもやった。
 彼自身の手を汚す事もあれば、策を練る事もある。その全てがレヴァンタの為になる事ばかりなのだ。次第に信頼を置く様になった時、彼の方からその話を持ち出した。

『どうか貴方の情を、私へ頂けませんか?』

 一夜の事で構わぬと、濡れた目で見つめられ、断る事は出来なかった。
 男を抱くなど考えた事もない。だが、彼の持つ妙な色気に興味を引かれた。
 一度きりと言い置いて手を伸ばし…一度では足りなくなったのは己のほうだった。

 自分から誘っておいて、柊は男は初めての様子だった。どこか物慣れぬ動きと一瞬強張るからだ。それでも必死に受け入れようとする彼に愛しさが募った。
 柊は、己ほどではないにしろ、強い。強く賢く、美しい男だ。そんな男が、わざわざ男に抱かれるなど…策略とは思えなかった。
 その間には情がある。そして、柊のその想いならば、信じられると思ったのだ。



 そのレヴァンタの信頼は、彼の命が尽きるまで、揺らぐ事はなかった。



─────────────────────────────────────────────

レヴァンタ→柊。結構このCPが好きらしい私。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。