FC2ブログ

06

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンドウ×ソーマ基本の新型(アラタ)→ソーマ。


 頬に当てられた何かが冷たくて心地よい。思わずそれに頬を擦り付ければ、「ああ、もう、」唸るような声が降って来た。
 何事かと見上げた先、霞む視界に黒い髪が揺れる。
「リンドウさんには、いつもこんな姿見せているの?」
 言葉の意味を理解する前に、何かにきつく締め付けられた。
 こんな風にフワフワとした心地になった時、何かに締め付けられるのはいつもの事だ。だが、今日はいつもこんな時には必ず感じる、ニオイがない。良いニオイとは言い難いが、安心する独特のニオイ。

 これは《違う》と身じろいだが、きつく締め付ける物は外れてくれない。

 あれでなければ、嫌なのだ。こんな風に締め付けられ……包まれるのは。突き飛ばそうかと腕に力を込めた時、不意に強い力で肩を掴まれ締め付けから解放された。

「あーらたぁ?」
 低い声が聞こえる。

「あれ、リンドウさん」
「お前ねぇ、俺が目を離した隙に、何やってくれるんだよ」
「甘えてくるのが可愛くて、つい。でも抱きしめただけですよ」
「当たり前だ。それ以上やってたらこんなもんじゃすまさねぇぞ」

 会話は聞こえるが、霞が買った思考の中では理解までは追いつかない。ただ、ふわりと鼻腔をくすぐるニオイがあった。

「でも、本当に酔っ払ったソーマ可愛いですね」
「だからって酒を飲ませても無駄だぞ。俺が居る時しかこいつ酔わねぇから」
「え?だけど俺にソーマ預けたのってサクヤさんですよ。急用が出来たからって」
「元々俺とソーマで飲んでたんだよ。急な呼び出しくらって、サクヤに預けたってのに」
「あーなるほど」

 いつもの、ニオイだ。唯一安心できる、それ。
 くんっと鼻をひくつかせ、そのニオイがする方へ身をよせる。

「っと、ソーマ?」
「………っ」

 いつもと同じ強さの締め付けと、包まれる温もり。
 騒音もなくなりホッと息をつくと、安心して眼を閉じた。


───────────────────────────────────
 うちはこれが基本姿勢。新型とのラブラブは一切ないと思われます。
 勝手な我が家設定ですが、ソーマは甘党で酒に弱く、だけど気を張ってるから他者と飲んでも酔わない。唯一リンドウの前でだけは酔う。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。