FC2ブログ

10

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 初めの話、ソーマサイド。


 最後の荒神を叩きのめし、振り向いた時そこに立っていたのは自分だけだった。
 最初の予定ではもっと簡単な任務だった。
 オウガテイルとサイゴート、そしてコクーンメイデンが少々の軽い任務。
 行ってみれば居たのは、オウガテイルとサイゴートにコクーンメイデン…そしてシユウとボルグ・カムラン堕天が一体ずつ。
 撤退する暇も、守る余裕もなかった。倒れただけならばリンクエイドも出来たが、共に行った者は新人ばかりで、薄い装甲では身を守ることも出来ずボルグ・カムラン堕天の一撃で死んでしまった。

 血まみれのままの体を引き摺ってアナグラに戻ると、一人だけであるソーマに視線が集まる。
「またかよ」
 はき捨てるような声。
「今回は誰だ?」
「シャレにならねぇよな」
「死神が」
 聞えよがしに言わなくても、精度の良すぎる耳は全部聞こえる。ソーマは表情も動かさず、受付へと報告するために足を向けた。
「よぉ、ソーマ」
 かけられた声に、反射で上げた視線。真っ直ぐこちらへ向かってくる男と目が合う。
 初任務の時に組んだ男だ。
 雨宮リンドウ。
 あの初任務以来組んで仕事をする事は無かったけれど、良く彼の名は耳にする。共に行った者を必ず生きて返す、誰よりも強いゴットイーター。
 近づいてくる男に何を言われるのかと、思わず足を止める。
 と、すいっと伸ばされた手が血に塗れているソーマのフード越しに頭を撫でた。
「お帰り。お疲れさん」
 当たり前のように、言われた言葉と与えられた手のひら。
 それはどちらも、生まれて初めて与えられた物だ。


 あの時、初めて思った。

 この優しい手を守りたいと。


──────────────────────────────────────

 データが行方不明で遅くなりましたが、実は最初に書いたリンソマ。むしろリンドウ←ソーマですが。
 ソーマは15歳位のイメージで、ソーマがリンドウへの想いを自覚した話。

 「眠る楽園」とセットになっております。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment From














プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。