FC2ブログ

04

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 カテゴリを少し変えました。
 そして今回は憧れの鍵主!意気込みすぎて空回りしたような気もします。



 彼への想いを自覚した時、七代もそれなりに悩んだ。男同士である事以上に、彼は人ではない…神の、使いだ。
 現にやはり、隠し通す自信が無かったのと隠す事への罪悪感から告白をした時、彼は困った顔をした。
「千さん、いけやせん。今はこんななりですが、こちらは人ではない身」
 だが、そんな言葉で引けるのならば、初めから告白などしない。
「断る理由は、種族の違いだけか?」
「だけ…って、」
「神使が人と恋愛をしてはいけない決まりがあるとか、鍵さんに他に好きな人がいるとか……俺を好きになる事は、出来ないとか。そんな理由なら諦める」
 だけど。
「男同士や嫌だと言う、生理的な物ならまだしも…種族が違いますからなんて理由じゃ、諦められない」
 七代の言葉に彼は目を伏せ、少しだけ考える素振りをみせると
「本当に坊は、困ったお人だ」
 そう言って笑った。
「こちらは本来の姿は狐だ。それでも構わないって言うのなら、こちらが断る道理はない」
「鍵さん、」
 すいっと伸ばされた手に頬を撫でられる。
「生きる時間も次元も違うが…あなたは己の運命すら歪め切り開いた」
 障害だらけでも…なんとかなりそうな気がしやすねぇ。
 囁きと共に近付いて来た顔に、七代は思わず眼を閉じた。唇に触れた濡れた感触は唇ではなく、獣のようにペロリと舐められる。
「言っておきますが…神の使いだからと言って、淡白って訳じゃぁないですよ?」
「望むところだ」
 目を開き、彼の珍しく開いた目を覗き込みながら告げれば、次はきっちりと貪る様な口付けを頂いた。


───────────────────────────────────

 鍵さんは口調が難しいです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment From














プロフィール

アサ

Author:アサ
二次創作を吐き出すブログ。
男同士や男女や女同士の恋愛を扱う物が多いです。
苦手な方はお気をつけ下さい。

ご意見、ご要望、ご感想等頂けるのであれば、こちらまで



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。